【KUNST+企画】オンライン・オペラ演技ワークショップ(英国Performance Arts Labとの提携による)のお知らせ♪

小森が5月から「ドイツ歌曲ワークショップ」で講師をさせていただいているレンタルスタジオ「KUNST」による企画の
英国とオンラインで結んで開催する講座のご紹介です。
貴重な機会ですので是非ご参加ください。

英ロイヤルオペラハウスほかで活躍する世界一流のコーチの指導をKUNSTのスタジオ、もしくは自宅で受けられる、オンライン・オペラ演技ワークショップ。
演劇大国のイギリスでは、オペラの分野においても優れた演技トレーニングが行われています。このオンラインワークショップは、オペラ演技の基本中の基本であるドレスや衣裳での立ち方・座り方・歩き方、モーツァルトなどの作品を演じるのに不可欠な18世紀の習慣・マナー、ムーヴメントを使った役作りなど、日本ではなかなか学ぶ機会のないスキルを、専門家からじっくり学ぶ貴重なチャンスです。初心者・経験者を問わず受講していただけます。
加えて、演出家による「アリアをドラマとして成立させるレッスン」、ギルドホール音楽演劇学校オペラコース・ディレクターにより開催します。
講師陣は熱意あふれる教育者の面々です。通訳・解説はロイヤルオペラハウスで直接指導を受けた演出家・翻訳家の家田淳(洗足学園音楽大学准教授)で、基礎から分かりやすく学べます。

<開催日時 全5回>

①【7月4日(日)18:00 – 21:00】
「ステージ・プレゼンス、マナー、衣裳の着こなし方」
講師:Mandy Dimitriou マンディ・ディミトリウ

クラシック歌手のための基本講座。
ドレスや衣裳のさばき方、おじぎ、なんとなく見よう見まねでやっていませんか?舞台での立ち方、歩き方、座り方。存在感を出す方法、ステージマナーなど、一流の身のこなしを基礎から学べる講座です。

②【7月18日(日)18:00 – 21:00】
「18世紀の習慣とマナー」 
講師:Mandy Dimitriou マンディ・ディミトリウ

「フィガロの結婚」などの作品を演じるのに欠かせない、18世紀の挨拶の仕方、歩き方、人との接し方などのムーヴメントを総合的に学びます。おじぎの仕方がよくわからなくて困ったことはありませんか? 扇子や帽子をどう使ったらいいのか迷ったことはないでしょうか? ピリオド演技の第一人者である講師から、当時の文化や習慣などの知識と合わせて学べる講座です。 

③【7月25日(日)18:00 – 21:00】
「役作りとムーヴメント」
講師:Sarah Fahie  サラ・フェイ

役作りをムーヴメントの観点から学ぶ講座。 役としてどのように動けば、歌の内容をより分かりやすく表現できるでしょうか?演じている役が緊張している場面でも、歌手としては身体をリラックスさせ、無理なく発声するにはどうしたらいいでしょうか? 身体と発声をうまく融合させながら物語の中で役として生きるテクニックを、様々なエクササイズを通じて学びます。オペラのスタンダード作品の中から受講生の声種に合わせた場面・役を講師が事前に選び、その場面のテキストを使って、役と動きの関係性を探る作業をします。スタジオ受講を希望の方は、応募の際に声種をお書きください。(実際に歌うわけではありませんが、その声種の役を使ったワークをすることになります)

④【8月21日(土)18:00 – 21:00】
「ドラマとしての歌唱」
講師:Martin Lloyd-Evans マーティン・ロイド=エヴァンス

あたかも人物がそこに生きているかのように、真実味をもってアリアを歌うには? 楽譜に書いてあることを、歌役者として表現するには? 発声と役を結びつけるには? 実際に歌いながら役作りを学ぶ講座。マスタークラスの方式で行います。

⑤【8月22日(日)18:00 – 21:00】
「指揮者によるオペラ歌唱レベルアップ講座」
講師:Dominic Wheeler ドミニク・ウィーラー

指揮者によるオペラアリアの表現を学ぶ講座。
イタリア音楽の四分音符とドイツ音楽の四分音符は違う!?フランス音楽のフレージングの特徴は?音楽の様式は、国や言語、書かれた時代、作曲家によって異なります。指揮者による直接指導で様々な様式感を学び、オペラの歌唱表現をレベルアップさせましょう。マスタークラス形式で行います。

👉詳しくはKUNST+ホームページまで

OnlineKHK-10 予告!

小原啓楼氏による3回連続講座はじまります♪
OnlineKHK -09、アーカイブ配信決定!

OnlineKHK、次回からは小原啓楼氏によるヴォイストレーニング3回講座です。
それに先立って、大好評だったOnlineKHK-09のアーカイブ配信をいたします。
オンライン受講のお申し込みを逃した方、次回以降の3回講座を受講ご希望の方、ぜひこの機会にご視聴ください。

OnlineKHK-09のオンデマンド配信、OnlineKHK-10、11、12の連続講座、ともに5月29日(土)より受け付け開始いたします。

お申し込みは、こちらの公式サイト上に、29日から申し込み窓口を開設いたします。
どうぞお楽しみに♪

《OnlineKHK-09 内容》
対談テーマ 発声の歴史と、現代に求められる発声技術の結び付き〉 
 
・小原啓楼さんのご紹介
・意識の拡張
・楽器をつくる
・理想の声は 野生動物
・人間讃美、人間表現
・マエストロ・ガルディーニ
・ヴォイストレーナーに関して
・世界の歌手たちの声帯の使いかた
・ベルカント
・カストラート
・齟齬をなくす
・質問へのお答え

【KUNST×KHKコラボ企画】”Lied,Stimme und Seele”「ドイツ歌曲ワークショップ」R.シューマンの歌曲について~マスタークラス形式で学び、感じるドイツ歌曲の魅力~にKHKでお馴染みの小森輝彦が講師として登壇します!

レンタルスタジオ「KUNST」の企画の本格的なドイツリートのワークショップに講師として招いていただき、シリーズで始めます。

”Die Stimme ist das Fenster der Seele(声は魂の窓である)と考えれば、声を開放し、魂を開放することで、よりリートの魅力があなたの心から世界へ飛び出していくと思います。”
(小森輝彦ごあいさつより抜粋)

開催日時:5月23日(日)午後4時~・6月20日(日)午後4時~・7月31日(土)午後6時~
以降、毎月1回開催予定 7月以降も開催予定です。

受講生、聴講生(会場、リアルWeb)、アーカイブ視聴のみがあります。

多くの皆様のご参加をお待ちしております♪


詳しくはKUNST+のHPまで

【配信方法の変更について】OnlineKHK-07「ドイツ宮廷歌手 小森輝彦の対談シリーズVol.2」歌劇『ヴォルフ イタリア歌曲集』~演出家岩田達宗さん、出演者の方々をお迎えして~


1月30日(土)18:30~のOnlineKHK-07の配信方法の変更についてお知らせ致します。

ご出演者の方々との対談を別の日に収録し、講座の当日に配信をしながら小森輝彦が講座を開催する予定でしたが、Zoomを使用しての配信に問題があることがわかり、この度やむを得ずオンデマンド配信とさせていただくことになりました。
既にお申し込み頂いていた方には急な変更となり申し訳ありません。

“【配信方法の変更について】OnlineKHK-07「ドイツ宮廷歌手 小森輝彦の対談シリーズVol.2」歌劇『ヴォルフ イタリア歌曲集』~演出家岩田達宗さん、出演者の方々をお迎えして~” の続きを読む

KHK-06、07チラシ作りました

KHK-06の「日本語歌唱発音」に続き、KHK-07は「対談シリーズ第2弾」です!
ご期待ください♪
KHK-06のお申し込みはこちら
KHK-07はチラシにあるとおり、11月28日に開催されたヴォルフ「歌劇イタリア歌曲集」を振り返る企画です。詳細は決まり次第、掲載します。

オンラインKHK-06 「日本語 舞台語の歌唱発音講座」 参加受付開始

お待たせいたしました。
下記の内容でオンラインKHK-06を開催します!

オンラインKHK講座第6回「日本語 舞台語の歌唱発音講座」を、
12月6日(日)18:30~20:00 Zoomウェビナーで実施します。
(お名前や音声、映像は参加者には見えません。)

第6回の今回はKHKで初めて日本語を取り上げ
「日本語独特の子音の扱い」をテーマとして
ピアニストの三澤志保さんをお迎えし、小森輝彦の実演を多数組み込んだ内容でお届けしようと思います。

【講師】
小森輝彦 バリトン・ドイツ宮廷歌手 

【題材曲】
・夢見たものは 作詞:立原道造 作曲:木下牧子
・木兎     作詞:三好達治 作曲:中田喜直 
  (ピアノ:三澤志保)

“オンラインKHK-06 「日本語 舞台語の歌唱発音講座」 参加受付開始” の続きを読む

OnlineKHK04.05のごあんない

04:9月22日(日)  05:10月28日(水) いずれも開始時刻未定

★04:9月22日(日)開始時刻未定
内容は、引き続きドイツ語の発音についてですが、みなさまから寄せられたOnlineKHK03のアンケート結果から抽出したものになります。
※この2日前の9月20日(日)に、二期会の日本歌曲研究会でKHK主宰の小森が講演をします。その内容とリンクする部分があるかもしれません。

★05:10月28日(水)開始時刻未定
この回から対談シリーズが始まります。記念すべき第1回は、【行列のできる演出家】の異名を持つ、演出家の岩田達宗氏をお招きいたします。どうぞ、お楽しみに‼

見逃し配信のごあんない
好評をいただきましたOnlineKHK03の終了後、ご都合が合わなかった方から動画配信のリクエストがたくさん届きました。それで!今回、見逃し配信をすることに致しました。お申し込みは9月7日(月)まで、配信は9月10日までです。
👉 詳しくはこちら

オンラインKHK-03、開催します

8月15日(土)の夜、オンラインKHK-03を開催します。

詳細は今後またお知らせしますが、ドイツ語の講座で、前回のアンケートで希望の多かった「危険な子音S、F、Pfの明晰な発音とレガートの両立」は、まず取り上げる様にします。

今後、出来るだけ定期的な開催を目指します。オンライン3回目の今回、本当は7月中に実施したかったのですが、大学、高校の業務が目白押しで見送らざるを得ませんでした。出来たら月一回は実施したいと思っています。

また、その前の回のアンケートで希望が多かったものを取り上げる、と言うスタイルが良いように思えているので、その様に興味、関心の連鎖を作って行けたらと思っています。そう言う意味でも「双方向」の、コロナ禍ならではのコミュニケーションとして、更に深め、発展させられると良いなと思っています。

近々申し込みを開始します。少々お待ちください。

オンラインKHK−02 参加者募集

第一回講座のあと、多くの皆さんからアンケートで意見を頂戴し、とても参考になり、また勇気づけられました。第一回講座は「初心者編」という事で行いましたが、内容を欲張りすぎたかと反省しています。
オンラインKHK第二回を、6月13日(土)の18時から、前回同様Zoomミーティングの形で実施します。第二回の今回は、ドイツ語歌唱発音の中でも、アンケートで要望が多かった二点を取り上げて実施します。興味がおありの方、是非ご参加下さい。
オンラインKHK−02 ドイツ語舞台語の歌唱発音
・発音と発声の関係について
・ドイツ語の語尾処理について
会費は¥1200です。申し込みは以下のページからお願いいたします。
https://forms.gle/jATPMJMSv5w6XhMs6
上記二点のテーマに関連して、要望、疑問などがお有りでしたら、申し込みページでお聞かせ下さい。出来る限り講座の内容に反映させていきたいと思います。
講座への問い合わせは、khk@teru.deまでお願い致します。
皆さんのご参加をお待ちしております。