OnlineKHK-13 特別編 「ドイツ宮廷歌手 小森輝彦の対談シリーズVol.4」〜文学と音楽が織りなす連作歌曲のドラマ性〜参加者募集開始しました!

OnlineKHK-13 は特別編 対談シリーズVol.4です。

ゲストにテノールの西村悟さん、ピアニストの井出德彦さん、宮﨑貴子さんをお招きします。ベートーヴェンとシューマンの名作歌曲集でリサイタルを行うという、共通項をお持ちの皆さんにお集まり頂き、リートとオペラの両分野で活躍する2人の歌手にとってのリート、詩との対話から色彩、映像を作り上げるピアニストから見るリート等について楽しく語って頂きます。

どうぞご期待ください!

【日時】
10月9日(土)19:00~20:30 
(予定時間を延長する可能性がありますのでご了承下さい。)
Zoomウェビナーで開催します。
(お名前や音声、映像は他の参加者には見えません)

【ゲスト】
西村 悟さん    テノール
井出德彦さん  ピアニスト
宮﨑貴子さん  ピアニスト

【ホスト】
小森輝彦 バリトン・ドイツ宮廷歌手   

【参加費】
《一般》¥2500
《だれでも学割》¥500
《支援》¥3500

申し込みは以下のページからお願いいたします
https://bit.ly/3gxdvpY(終了いたしました)


【参加費について】
《だれでも学割》500円

学生はもちろん、教育機関に属さず音楽や舞台関係の勉強を続けていらっしゃる方、プロを目指して働きながら勉強を続けていらっしゃる方、コロナ禍で収入が減りながらも勉強を続けていらっしゃる方、など《だれでも学割》を自己申告でご利用いただけます。

こちらを利用される方は、講座前【申し込みフォームに、講座への質問を記述する】、講座後【アンケートに、感想や講座内容への質問等を記述する】ことで、講座にご参加いただきますようお願いいたします。

《一般》2500円
一般の参加者の方はこちらになります。

《支援》3500円
講座の運営をご支援いただける方、今後の講座の充実のための資金をご支援いただける方はこちらでお願い致します。

KHK運営委員会は、歌唱発音研究をより多くの方々と探求するために、非営利で運営を行っています。オンライン講座は、配信の工夫や機材の充実など課題も多く、試行錯誤を重ねております。皆さんに支援という形でご参加いただくことで、共に学びをより深め、新しい学びの形を模索していきたいと考えておりますので、今後ともご意見をお寄せいただきますようご協力のほどお願いいたします。

申し込みは以下のページからお願いいたします
https://bit.ly/3gxdvpY(終了いたしました)

★当日のご都合が悪い方にも講座を受講していただけるように、
また、講座の復習にもお役立ていただけるように、お申込み手続きが完了した方全員に後日、期間限定のオンデマンド配信リンクをお知らせします。

講座終了後に有料動画受付は致しませんので、期間内にお申込みをお願い致します。
配信には少々お時間を頂戴します。準備が整うまでお待ちくださいますようにお願い致します。

テーマに関連した質問、その他にもご要望などがございましたら、お申し込みページでお聞かせください。できる限り講座の内容に反映させていきたいと思います。

【申込み締切】
10月8日(金) 10:00

【お支払い】
・銀行振込の場合 10月8日(金) 15:00 着金
・PayPal の場合   10月8日(金) 23:59 着金
でお願い致します。

【お願い】
こちらからのメールが迷惑メール、プロモーションメールに振り分けられる事がございますので、
khk@teru.deの連絡先登録をお願い致します。
講座へのお問い合わせは、khk@teru.deまでお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です