OnlineKHK-13 特別編 「ドイツ宮廷歌手 小森輝彦の対談シリーズVol.4」〜文学と音楽が織りなす連作歌曲のドラマ性〜参加者募集開始しました!

OnlineKHK-13 は特別編 対談シリーズVol.4です。

ゲストにテノールの西村悟さん、ピアニストの井出德彦さん、宮﨑貴子さんをお招きします。ベートーヴェンとシューマンの名作歌曲集でリサイタルを行うという、共通項をお持ちの皆さんにお集まり頂き、リートとオペラの両分野で活躍する2人の歌手にとってのリート、詩との対話から色彩、映像を作り上げるピアニストから見るリート等について楽しく語って頂きます。

どうぞご期待ください!

【日時】
10月9日(土)19:00~20:30 
(予定時間を延長する可能性がありますのでご了承下さい。)
Zoomウェビナーで開催します。
(お名前や音声、映像は他の参加者には見えません)

【ゲスト】
西村 悟さん    テノール
井出德彦さん  ピアニスト
宮﨑貴子さん  ピアニスト

【ホスト】
小森輝彦 バリトン・ドイツ宮廷歌手   

【参加費】
《一般》¥2500
《だれでも学割》¥500
《支援》¥3500

“OnlineKHK-13 特別編 「ドイツ宮廷歌手 小森輝彦の対談シリーズVol.4」〜文学と音楽が織りなす連作歌曲のドラマ性〜参加者募集開始しました!” の続きを読む

OnlineKHK-13特別編 対談シリーズVol.4のお知らせ♪

2021年10月9日(土)19:00〜
【文学と音楽が織りなす連作歌曲のドラマ性】

《ゲスト》
テノール  西村 悟さん
ピアニスト 井出德彦さん
ピアニスト 宮﨑貴子さん

《ホスト》
ドイツ宮廷歌手 バリトン 小森輝彦

豪華ゲストをお迎えしてお送りいたします。
9月25日(土)募集開始予定です。

どうぞお楽しみに♪