オペラ演出家 カロリーネ・グルーバー より

8月5日に行われるカロリーネ・グルーバー 声楽家のための個人レッスンにあたり、グルーバー女史よりメッセージをもらいました。
声楽家のための個人レッスンの記事についてはこちら

Szenischer Unterricht
Grundsätzliches
Um als Opernsänger im Musiktheater (vor allem in Europa und Amerika) Erfolg zu haben, reicht es heute nicht mehr, eine ‚schöne’ Stimme zu haben.
In zahlreichen Inszenierungen, die ich als Regisseurin gemacht habe, sind mir immer wieder Sänger begegnet, deren Stimmen unter ästhetischen wie musikalischen Gesichtspunkten wohl ausgesprochen schön zu nennen und technisch weit entwickelt waren.
Jedoch allzu oft blieben mir und dem Publikum diese Stimmen fremd, distanziert – zwar gesangstechnisch auf hohem Niveau ausgebildet und ausgereift, aber selten sinnlich berührend, das meint:
sie trafen nicht mitten ins Herz des Zuhörers, sie elektrisierten und erreichten uns nicht und verhinderten letztendlich den großen Erfolg beim Publikum und bei Agenturen, Operndirektoren und Intendanten und sie wurden nicht wieder eingeladen.
Der Beruf des Opernsängers setzt sich aus vielerlei unterschiedlichen Faktoren zusammen, unter denen die Gesangsstimme zwar einen zweifellos immens wichtigen Bestandteil ausmacht, aber eben nur einen Bestandteil.
Den anderen Teil kann man im „Szenischen Unterricht” erlernen:
Die Aufgabe des Regisseurs ist es, die fehlenden Faktoren zur
Entwicklung einer reifen, ausdrucksstarken und wahrhaft berührenden Künstlerpersönlichkeit offen zu legen, sie individuell zu benennen und sie mit dem Studierenden zu erarbeiten.
Dazu gehören vor allem Übungen zur Impulsarbeit und Improvisation, dem ureigensten Spieltrieb, den wir in uns haben, seit wir Kinder sind.
Unsere Impulse sind das authentischste und ehrlichste, was wir besitzen. Daher wirken sie auch am besten und schnellsten auf das Publikum. Diese Impulse spüren und zulassen zu können, das ist eine wichtige Grundlage für ein ehrliche und überzeugende Darstellung.
Dazu gehören aber auch Übungen zur Selbsterkenntnis: Wer bin ich? Wie drücke ich mich aus? Wie wirke ich am besten? Was fehlt mir, um mich perfekt zu präsentieren?
Auf diese beiden Fähigkeiten möchte ich mich in meiner Masterclass, in meinem Workshop konzentrieren. Denn hat man diese Fähigkeiten einmal erlernt, kann man sie bei jeder darzustellenden Opernszene und bei jedem Vorsingen anwenden.

日本語訳

演技のレッスン
基本的な事
オペラ歌手として音楽劇場(とりわけヨーロッパとアメリカで)で成功を収めるには、今日、「美しい」声を持っているだけでは十分ではない。
私が演出家として関わってきた、多くの演出プロダクションで、美学的、音楽的な視点から充分に美しく、技術的にも十分に訓練されている声を持つ歌手達と出会ってきた。
しかし、しばしば、彼らの声は私にも観客にもよそよそしく、距離を置いたものに留まった・・・声楽技術的には高い水準に訓練され、成熟したものであっても、感覚に訴える事が非常に稀だったのだ。
そういう歌手の声は聴衆の心の中心に響くのではなく、記号化してしまい、我々の心に届かず、ひいては聴衆やエージェント、劇場の演出ディレクターやインテンダント(劇場総裁)にとって公演の大きな成功を妨げるものとみなされ、もうオーディションの声がかからなくなる、と言う事である。
オペラ歌手の仕事というものは、非常に多くの、多彩な能力を必要とする。その中で「声」は疑いなく何よりも大切な構成要素であるが、それと同時に、一つの構成要素に過ぎない。
そして、声以外の構成要素を学ぶことができるのが「演技のレッスン」である。
演出家の使命は、欠けている要素を成長へと促し、強い表現力を持ち、真に心を打つ芸術家としてのパーソナリティをオープンにし、それらを一つ一つ列挙し、それらを学ぶ者達に習得させる事である。
その際に、衝動、即興を扱う練習は、人間が子供の頃から元々持っている遊戯衝動にとって、特に重要なものである。
我々の衝動は、我々自身がもつ、信頼できる、真摯なものです。そのため衝動は最善で最速に観客に作用するものでもあります。
この衝動を感じ、許容することは、真摯で大切な基本であり、説得力のある演技の基本となります。
また、自己認識のための練習も大切な要素です。私は誰だろう?私はどうやって私の表現をするのだろう?どうすれば一番効果的に表現できるだろう?私自身を完璧に表現するには何が足りないのだろう?
この二つの能力に、私はいつも私のマスタークラスやワークショップの中で集中的に取り上げて行きたいと思っています。何故なら、もしこの二つの能力を一度学んでしまえば、どんなオペラシーンでもどんなオーディションでもそれを活かす事が出来るからです。

【受講希望を締め切りました】オペラ演出家カロリーネ・グルーバー 声楽家のための個人レッスン

オペラ演出家カロリーネ・グルーバー
声楽家のための個人レッスン

日程: 2019年8月5日(月)11:00〜19:00
講師: カロリーネ・グルーバー (HP)
会場
11:00〜13:00 ホール60 (明治神宮前駅 7番出口より 徒歩1分)
15:00〜19:00 L’Atelier ドビュッシーホール (渋谷駅JR新南口より徒歩5分)
参加費: 60分18000円(通訳付き・伴奏者は同伴して下さい)
*参加費が変更になりました。グルーバー先生の意向で、今回は参加費を抑えたいとのことで、一度発表したあとからの変更で申し訳ないですが、22000円から18000円に変更します。
Karoline1.png
60分の声楽家へのレッスンです。オペラのアリアを一人で取り上げる、重唱を複数人数で受講するなど、色々な形があり得ます。曲目については事前にお知らせ下さい。
演技、解釈、表現、色々な視点からのレッスンが可能です。受講生の希望に合わせて、レッスンのポイントを設定することも可能ですので、詳しい情報をご希望の方はお問い合わせ下さい。
【受講枠が満員になったため、受講希望を締め切りました。】
聴講希望は受付中です!聴講料は無料となります。
聴講をご希望の方、メールまたはお問い合わせフォームでご連絡ください。
お問い合わせはkhk@glanz.clubまで。