二期会通信275号 取材:生賀啓子